もっと

複数のGeoserverに共通のGeoWebCacheを使用するにはどうすればよいですか?

複数のGeoserverに共通のGeoWebCacheを使用するにはどうすればよいですか?


異なるシステムに複数のGeoserver(5)があり、1つは同じポートで別のジオサーバーにバックアップされ、同じレイヤーが公開されています。私はすべてのGeoserverがGeowebcacheと統合されていることを知っています。ここで、すべてのシステムで個々のGeoWebCacheをオフにし、任意のシステムのすべてのジオサーバーに新しいGeoWebCacheをインストールしたいと思います。


はい、複数のGeoServerインスタンスからマップレイヤーをキャッシュする1つのGeoWebCacheインストールを使用できます。 http://geowebcache.org/docs/1.5.1/introduction/whichgwc.htmlのドキュメントを読んだと思いますか?

スタンドアロンバージョンを使用する場合は、すべてのレイヤーを手動で定義する必要がありますが、統合バージョンでは、定義されたすべてのレイヤーがGeoServerから自動的に取得されます。レイヤーを定義するには、ファイルを見つけますgeowebcache.xmlレイヤーごとに新しいエントリを追加します。これが私のGeoWebCacheのカスタムレイヤーからの例です:

 census2005:literacy_rate_pct  ImageStatesのより良いタイトル これは説明です。魅力的です。  image / jpeg image / png 画像/ png8   EPSG:900913   10018754.167 181.378 12801601.740 3482189.084      / charts / wms census2005:literacy_rate_pct true 0xFFFFFF

この場合、カスタムメイドのWebマップサーバーは同じホストで実行されますが、これはGeoServerと互換性のある標準のWebマップサーバーであればどれでもかまいません。すべてのオプションの説明については、ドキュメントも参照してください:http://geowebcache.org/docs/1.5.1/configuration/layers/index.html


マシンにGWCをセットアップし、GeoServerへのアクセスを制御するロードバランサーをポイントするだけです。次に、各タイルリクエストは、ユーザーが現在いるのとまったく同じ方法で、次に利用可能なGeoServerに送信されます。

先に進む前に、おそらくこの一連の投稿を読む必要があります。


Ciao、スタンドアロンのGeoWebCacheを使用する場合は、複数のWMSによって単一のタイルレイヤーをバックアップできます。詳細については、この投稿を確認してください:http://www.geo-solutions.it/blog/tips-tricks-geowebcache-tweaks-checklist/

統合されたGeoWebCache(GeoServerと統合されている)を使用する場合は、クラスター化されたディスククォータのサポートを有効にする必要がある場合があります。以下のリンクを確認してください。

シモーネ。


高度な本番GeoServer構成¶

GeoServerのダウンロードのほとんどは、一連のデモ、サンプルレイヤー、および埋め込まれたサーブレットコンテナを使用して、機能をすばやく披露することを目的としています。実稼働環境でGeoServerを使用している場合、推奨したいことがいくつかあります。このセクションのタスクは、本番環境で使用するようにシステムを構成することです。

開始する前に、「Web管理者インターフェース-サーバー」セクションが完了していることを確認してください。


サービスレベル¶

WFS構成オプション-サービスレベルセクション

GeoServerは、OGCで定義されている完全な「トランザクションWeb機能サーバー」(WFS-T)レベルのサービスに準拠しています。 WFSサービスレベルを指定すると、GeoServerの機能が制限されますが、準拠は維持されます。 WFSサービスレベル設定は、どのWFS操作を「オン」にするかを定義します。

基本 —基本的なサービスレベルは、GetCapabilities、DescribeFeatureType、およびGetFeature操作を使用して機能データを検索および取得するための機能を提供します。これは、OGCの基本的なWeb機能サービスに準拠しています。これは、読み取り専用のWeb機能サービスと見なされます。

トランザクション —すべての基本的なWFS操作に加えて、トランザクションサービスレベルはトランザクション要求をサポートします。トランザクション要求は、OGC Transactional Web Feature Service(WFS-T)に準拠して、地理的特徴の作成、削除、および更新を容易にします。

コンプリート —一連のトランザクションレベルの操作に対するLockFeatureのサポートが含まれます。 LockFeature操作は、機能タイプの1つ以上のインスタンスでロック要求を処理することにより、関連するリソース間のリンクを解決するのに役立ちます。


Geoserverインタビューの質問&#8211よくある質問GeoServer

キュー。GeoServerとは何ですか?
回答GeoServerは、地理空間データを共有するためのオープンソースサーバーです。

キュー。 マップサービスとは何ですか?
回答マップサービスは、Web上でマップを生成するための標準であり、GeoServerにマップ製品を要求するための主要なインターフェイスです。

キュー。 Webサーバーとは何ですか?
回答 Webサーバーは、HTTP(Hypertext Transfer Protocol)を使用してコンテンツ(Webページ、画像、ファイル、データなど)を提供するプログラムです。ブラウザを使用してWebサイトに接続すると、Webサーバーに接続します。 Webサーバーは要求を受け取り、それを解釈して応答を返します。これはブラウザーが画面に表示します。

キュー。Webマッピングサーバーとは何ですか?
回答 Webマッピングサーバーは、Webサーバーの特殊なサブセットです。 Webサーバーと同様に、要求はサーバーに送信され、解釈されて応答されます。ただし、要求と応答は、地理情報の転送を目的として特別に設計されています。

キュー。 Dジオサーバーによって読み取られたataソース?
回答&#8220ファイル
シェープファイル
GeoTIFF
ArcGrid
JPEG2000
GDALフォーマット
MrSID
データベース
PostGIS
ArcSDE
Oracle Spatial
DB2
SQL Server&#8221と、拡張機能をインストールすることで拡張できるその他のいくつか。

キュー。 WOGCプロトコルとはどういう意味ですか?
回答GeoServerは、標準化団体であるOpen GeoSpatial Consortium(OGC)によって確立された標準のオープンWebプロトコルを実装しています。 GeoServerは、OGC Web Feature Service(WFS)およびWeb Coverage Service(WCS)標準のリファレンス実装であり、高性能認定に準拠したWeb Map Service(WMS)も含まれています。 GeoServerが効率的かつ強力な方法でデータとマップを提供できるのは、これらのプロトコルを通じてです。

キュー。いくつかのWebマッピングサーバーに名前を付けますか?
回答arcGISサーバー、geoserver、Mapserver、Mapnikなど。

キュー。GeoserverのWMSとは何ですか?
回答Webマップの基本的なコンポーネント(そしておそらく最も理解しやすいもの)はマップイメージです。 Web Map Service(WMS)は、マップサーバーによって生成された地理参照されたマップイメージを提供するための標準プロトコルです。つまり、WMSは、クライアントがサーバーにマップタイルを要求するための方法です。クライアントがマップサーバーにリクエストを送信すると、マップサーバーはリクエストでサーバーに渡されたパラメーターに基づいて画像を生成し、最後に画像を返します。

キュー。GeoserverのWFSとは何ですか?
回答Webマッピングサーバーは、(許可されている場合)マップイメージを構成する実際の地理データを返すこともできます。地理データは、地図の「ソースコード」と考えることができます。これにより、ユーザーはデータから独自のマップとアプリケーションを作成し、特定の形式間でデータを変換し、データの生の地理的分析を行うことができます。地理的特徴データを返すために使用されるプロトコルは、Web Feature Service(WFS)と呼ばれます。

キュー。GeoServerのSLDとは何ですか?
回答これは、WMS標準を拡張して、地理的特徴とカバレッジデータのユーザー定義の記号化と色付けを可能にするエンコーディングを定義します。

キュー。OGCとは何ですか?
回答OGC(Open Geospatial Consortium)は、グローバルな地理空間コミュニティのために質の高いオープンスタンダードを作成することに取り組んでいる国際的な非営利団体です。

キュー。OGCフィルターについて説明します。
回答OGC Filter Encoding仕様は、フィルター関数の一般的な概念を提供します。フィルタは、評価されるコンテキストからフィーチャまたはその他のオブジェクトを選択するために使用されます。これらは、SQLの「WHERE」句と機能が似ています。

キュー。OGCフィルターに名前を付けますか?
回答&#8220、&#8221、&#8220。&#8221http://docs.geoserver.org/latest/en/user/filter/filter_reference.htmlにアクセスしてください。

キュー。空間演算子とは何ですか?
回答空間演算子は、フィーチャの幾何学的属性の条件を指定するために使用されます。

キュー。ジオサーバーでデータを公開する手順は何ですか?
回答 ワークスペースを構築し、空間データ(シェープファイルまたはラスターgeoTiff)ストアを追加した後、SRS情報を提供してファイルを公開します。

キュー。ジオサーバーでデータのスタイルを設定するにはどうすればよいですか?
回答ジオサーバーでデータのスタイルを設定するには、データセクションのスタイルタブにアクセスします。

キュー。レイヤープレビューとは何ですか?
回答データ見出しの下のセクションでのレイヤープレビュー。公開されたレイヤーの詳細が表示されます。

キュー。レイヤープレビューセクションでレイヤーを表示できる名前の形式。
回答KML、シェープファイル、CSV、geojson、GMLなど。

キュー。ジオサーバーストアで利用可能ないくつかのベクターデータソースに名前を付けます。
回答ESRIシェープファイル、postGIS、geoPackage、javaプロパティ、およびWeb機能サーバー。

キュー。ジオサーバーストアで利用可能ないくつかのラスターデータソースに名前を付けます。
回答ArcGrid、geoTiff、gtopo30、Imagemosaic、worldImage、Netcdf、および拡張子付きのGrib。

キュー。キャッシュのデフォルトとは何ですか?
回答[キャッシュのデフォルト]ページには、GeoServerのタイルキャッシュ機能のグローバル構成オプションが表示されます

キュー。geoWebCacheとは何ですか?
回答多くの場合、マップは静的です。ほとんどのマッピングクライアントは、クエリが実行されるたびにWMS(Web Map Service)データをレンダリングするため、これにより、不要な処理が発生し、待機時間が長くなる可能性があります。 GeoWebCacheは、要求に応じてマップイメージまたはタイルを保存(キャッシュ)することでこのエクスペリエンスを最適化し、事実上、クライアント(OpenLayersやGoogle Mapsなど)とサーバー(GeoServerやWMS準拠サーバーなど)の間のプロキシとして機能します。 。新しいマップとタイルが要求されると、GeoWebCacheはこれらの呼び出しをインターセプトし、保存されている場合は事前にレンダリングされたタイルを返すか、必要に応じてサーバーを呼び出して新しいタイルをレンダリングします。したがって、タイルが保存されると、マップレンダリングの速度が何倍も向上し、ユーザーエクスペリエンスが大幅に向上します。

キュー。ジオサーバーでスタイルを設定できるデータ形式は何ですか?
回答ポイント、ライン、ポリゴン、ラスター

キュー。ポイントマーカーをアイコンに置き換えることはできますか?
回答はい、できます。スタイリングオプションを使用し、要素にアイコン名を付ける。

キュー。worldImageとは何ですか?
回答ワールドファイルは、ラスターマップ画像を地理参照するために使用されるプレーンテキストファイルです。このファイル(多くの場合、拡張子は.jgwまたは.tfw)は、関連する画像ファイル(.jpgまたは.tif)に付属しています。ワールドファイルと対応する画像ファイルを合わせて、GeoServerではWorldImageと呼ばれます。

キュー。どのidイメージモザイク?
回答このプロジェクトでは、通常のカメラで撮影した画像を使用して、画像モザイクプログラムを使用してより広い視野を作成できるように、画像モザイク処理を行っています。プログラムは基本的に、画像の撮影に使用した対応するカメラアングルを見つけるのに役立つツールです。

キュー。arcGridとは何ですか?
回答ESRI ArcInfo Grid(ESRI_grid)は、ArcGridとも呼ばれ、グリッド内の地理空間に関する情報を含めるためにESRIによって開発されたラスターファイル形式です。

キュー。PostGISとは何ですか?
回答PostGISは、PostgreSQLオブジェクトリレーショナルデータベース用の空間データベースエクステンダーです。地理オブジェクトのサポートが追加され、SQLで場所クエリを実行できるようになります。

キュー。Gtopo30とは何ですか?
回答GTOPO30は、水平グリッド間隔が30秒角(約1キロメートル)のグローバル数値標高モデル(DEM)です。 GTOPO30は、地形情報のいくつかのラスターおよびベクターソースから派生しました。

キュー。ジオサーバーのタイルレイヤーとは何ですか?
回答統合されたGeoWebCacheに認識されているすべてのレイヤーのリストが表示されます。これは、GeoWebCacheのレイヤープレビューに似ています。

キュー。GeoServerのSRSとは何ですか?
回答空間参照系(SRS)または座標参照系(CRS)は、地理的エンティティの位置を特定するために使用される座標ベースのローカル、地域、またはグローバルシステムです。空間参照系は、特定の地図投影法、および異なる空間参照系間の変換を定義します。

キュー。ラスター画像とは何ですか?
回答ラスターは、行と列(またはグリッド)に編成されたセル(またはピクセル)のマトリックスで構成され、各セルには温度などの情報を表す値が含まれます。ラスターは、デジタル航空写真、衛星からの画像、デジタル写真、さらにはsCannedマップです。

キュー。ベクトルとは何ですか?
回答ポイント、ライン、ポリゴンを使用した世界の表現。ベクターモデルは、国境、土地区画、道路など、離散的な境界を持つデータを保存するのに役立ちます。

キュー。なぜジオサーバーが使用されるのですか?
回答データを適切に準備することで、ラスターとベクターの両方の非常に大きなデータセットの処理に優れています。マップの高品質なレンダリングを生成し、数百から数千のマップレイヤーを簡単に処理できます。

キュー。ジオサーバーは、ベクターデータに対してより高速なアクセスを提供できますか?
回答はい。

キュー。Web管理インターフェイスとは何ですか?
回答Web管理インターフェースは、データの追加からサービス設定の変更まで、GeoServerのすべての側面を構成するためのWebベースのツールです。デフォルトのGeoServerインストールでは、このインターフェースはhttp:// localhost:8080 / geoserver / webのWebブラウザーを介してアクセスされます。

キュー。顆粒とは何ですか?
回答画像モザイクでは、個々の画像は一般に顆粒と呼ばれます。

キュー。Geoserverのストアとは何ですか?
回答ストアは、ラスターまたはベクターデータを含むデータソースに接続します。データソースファイルまたはファイルのグループ、データベース内のテーブル、単一のラスターファイル、またはディレクトリ(たとえば、Vector Product Formatライブラリ)にすることができます。ストア構造を使用すると、ソース内のデータセットごとではなく、接続パラメーターを1回定義できます。

キュー。Geoserverのレイヤーとはどういう意味ですか?
回答GeoServerでは、「レイヤー」という用語は、地理的特徴のコレクションを表すラスターまたはベクターデータセットを指します。ベクターレイヤーは「featureTypes」に類似しており、ラスターレイヤーは「カバレッジ」に類似しています。

キュー。ネイティブSRSとは何ですか?
回答レイヤーが保存されている座標系を指定します。

キュー。ジオサーバーのレイヤーグループについて説明します。
回答レイヤーグループは、レイヤーやその他のレイヤーグループを階層構造で編成できるコンテナです。レイヤーグループWMSリクエストでは単一の名前で参照できます。これにより、複数の個別のレイヤーの代わりに1つのレイヤーを指定できるため、リクエストが簡単になります。レイヤーグループは、含まれるレイヤーの一貫した固定順序も提供し、レイヤーの代替(デフォルト以外)スタイルを指定できます。

キュー。GMLとは何ですか?
回答Geographic Markup Language(GML)は、ベクトルベースの空間データを表すためのXMLベースの形式です。

キュー。geotiff形式を説明します。
回答GeoTIFFは、ジオリファレンス情報をTIFFファイルに埋め込むことができるパブリックドメインのメタデータ標準です。潜在的な追加情報には、地図投影法、座標系、楕円体、データム、およびファイルの正確な空間参照を確立するために必要なその他すべてが含まれます。

キュー。なぜTFWフォーマットが使用されるのですか?
回答TFWファイル拡張子は、GISアプリケーションにTIFF画像として保存されるマップのXおよびYピクセルサイズ、回転情報、および世界座標を保存するプレーンテキストファイルに使用されます。 GIS(地理情報システム)を使用すると、一連のデータの地理的側面を想定できます。

この質問の回答が、Geoserverを理解し、Geoserverの基本的なインタビューの質問をクリアするのに役立つことを願っています。 Geoserverで利用可能な質問の回答のリストが他にある場合はお知らせください。 以下のコメント 提供されたスペースで。


*サービス*パラメータは、メッセージの送信先の正確なサービスをサーバーに通知します。場合によっては、サービスエンドポイントが複数のサービスで機能することがあります。このパラメーターを使用して、「GetMap」リクエストをWMSとWFSのどちらに送信するかを指定できます。

*レイヤー*パラメータはリクエストの要です。 WMSの場合、描画したい正確なレイヤーがコンマ区切りのリストとして一覧表示されます。レイヤーをリストする順序は、//レイヤーが描画される順序//です。だからレイヤー*最初にリストされています*は*最初に描かれた*.

この場合、次のレイヤーを要求しています。

  • massgis:GISDATA.TOWNS_POLYM
  • massgis:GISDATA.NAVTEQRDS_ARC
  • massgis:GISDATA.NAVTEQRDS_ARC_INT

クラスタリングソリューション¶

クラスタリング拡張機能は、上記の両方の問題を軽減するように設計されています。これにより、負荷の分散に使用されるGeoServerインスタンスのクラスターのセットアップと操作が大幅に簡素化されます。

データディレクトリのデータベース¶

クラスタリング拡張機能は、構成をリレーショナルデータベースに格納することにより、最初の問題を解決します。このデータベースには、複数のGeoServerから問題なくアクセスできます。

データベースへの変換後、一部のファイルは必ず残ることに注意してください。残るファイルは次のとおりです。

  • セキュリティサブシステムの詳細(ユーザー/グループ/役割情報を含む)
  • スタイル定義(SLDファイル)
  • フリーマーカーテンプレート(FTLファイル)
  • GeoWebCache構成(グリッドセットとタイルを含む)
  • その他の拡張構成(MapmeterおよびCSWを含む)
  • ログおよびロギング関連ファイル(ロギングプロパティを含む)
  • クラスタリング構成(このセクションで説明するファイル)

一般化すると、ほとんどの場合、XMLファイルはデータベースに取り込まれますが、非XMLファイルは残ります。

このために、 共有ファイルベースのデータディレクトリは引き続き必要です。ただし、これらの残りのファイルが編集される可能性は低いか低いため、パフォーマンスや安定性に悪影響を与えることはありません。

ブロードキャストの更新¶

クラスタリング拡張機能は、変更を検出し、これらの変更をクラスターの残りの部分にブロードキャストし、関連するキャッシュをクリアするように機能することで、上記の2番目の問題を解決します。

このブロードキャストでは、HTTPセッション共有も可能です。これは、複数のGeoServerが同じユーザーが認証されていることを認識する方法です(管理者ユーザーがすべてのインスタンスでWebインターフェイスにログインしているなど)。


2018年2月26日月曜日

ArcGISデスクトップ-「フラグ」スライバーエラーのあるポリゴンを識別する方法

ArcMapで作業しているときに、「フラグスライバー」と呼ばれるポリゴンレイヤーでエラーが発生しました(「フラグロット」と呼ばれる区画内の同様の言語から取得)。これらのスライバーポリゴン(下の画像を参照)は通常、ユーザーが誤って追加した1つの追加ノードのみで構成されます。

以下の画像では、「旗」と「旗竿」は、「旗竿」がちょうど重なっている単一部分の機能です。左側の画像には合計5つのノードがあります。

単独で見るとエラーは非常に明白ですが、複数のポリゴンが隣接している場合、2つのポリゴン間の境界であるように見えるため、ほとんど見ることができません。

これは、シェープファイルベースのエディターを使用しているために発生する可能性があります。したがって、トポロジベースの編集ルールを実装して、将来これが発生しないようにすることはできません。

誰かがこれらのタイプのエラーを識別して解決する方法を持っていますか?エラーを作成したのはフィールドユーザーであるため、識別と解決の両方の自動化された方法を希望しますが、その後のクリーンアップに行き詰まっています。ありがとう。

Safe Fmeツールにアクセスできる場合は、spikeRemoverと呼ばれるトランスフォーマーが便利です。ぜひご覧ください。ダウンロード可能な限定バージョンのSAFEFMEを試すか、ArcGisライセンスで「FMEExtensionforArcGIS」を確認してください。

Arcgisデスクトップ-ArcMapのマージエラー000594-は出力ジオメトリドメインの外にあります

ArcGISデスクトップ10のマージツールを使用して、5つの異なるポイントフィーチャクラスを1つにマージしようとしています。3つは正常にマージされますが、他の2つはマージされません。エラー000594で返されます:入力フィーチャ1:出力の範囲外ですジオメトリドメイン。これらの2つのフィーチャクラスは最も離れていますが、他のフィーチャクラスに近いままです。

出力ジオメトリドメインを拡張するにはどうすればよいですか?環境設定でそのようなものは見られません。

私は当初、ここでの問題は以前にhttp://forums.arcgis.com/threads/4525-spatial-domains-are-inconsistent-between-toolsで発生したと思っていたので、同じスキーマと明示的でより大きなドメイン(http://help.arcgis.com/en/arcgisdesktop/10.0/help/index.html#/Defining_feature_class_properties/002200000002000000/)を使用し、これをマージする最初の入力データセットとして使用します。

ただし、実際のデータを試してみる機会があったので、マージではなく追加を使用して、次のことを行うことをお勧めします(これは正常に実行できました)。

タイプPoint(マージされるフィーチャクラスと同じ)、座標系GCS_WGS_1984(マージされるフィーチャクラスと同じ)の新しい空のフィーチャクラス(私はAppendFCと呼びます)を作成し、最後に到達するまで他のすべてをデフォルトにしますインポートを使用する場合のパネル(既存のフィーチャクラスのいずれかからフィールドを一致させるため)。

[管理]ツールボックスから[追加]ツールを開き、入力データセットとしてマージする必要がある5つのフィーチャクラスと、ターゲットデータセットとして新しいフィーチャクラス(AppendFC)で使用します。スキーマタイプは必ずTESTに設定したままにしてください。

送信されたテストデータでは、追加するのに4秒しかかかりませんでした。結果は、Mergeに求められていたものと同じだと思います。違いは、Appendは既存の(空の)フィーチャクラスに追加/マージできるため、空間ドメインなどのデフォルトで作成できるため、入力フィーチャクラスよりもはるかに広い地理的範囲をカバーしますが、同じスキーマ。

Postgis-GeoJSON:PolyhedralSurfaceジオメトリタイプはサポートされていません

3D建物をレンダリングできるはずの3DWebアプリケーションを作成しようとしています(Cesiumを使用しますが、今のところそれほど重要ではありません)。

私は基本的に、建物の2Dジオメトリと高さなどで構成されるデータベースを持っています。そうすれば、簡単な3Dビルディングブロック(LoD1)を作成できるはずです。 PostGIS(SFCGAL拡張機能を備えたPostGIS 2.2.0)を使用して、2Dジオメトリを3Dジオメトリに押し出し(st_extrude)しています。今のところ問題ありません。

私が今直面している問題は、st_extrudeが多面体の表面を与えることです。ただし、3DジオメトリをGeoJSON(Cesiumビューアに簡単にロードできます)に変換したいと思います。 St_AsGeoJSONで、「PolyhedralSurface」ジオメトリタイプがサポートされていないというエラーが表示されます。

私がこの問題を回避できるかどうか知っていますか?多面体の表面を残さないst_extrudeのようなPostGISに同様の関数はありますか?

多面体サーフェスを多面体に変換するためにst_Dumpを使用することを検討しています。これは、多面体を使用してGeoJSONタイプを作成できるためです。

ドキュメントを見ればわかる限り、st_dumpを使用すると、6つの「ファセット」が得られます(私の建物が標準の立方体であるとしましょう)。キューブの側面を省略して、上下だけを維持できるかどうか誰かが知っていますか?そこからマルチポリゴンに行くことはできますか?今日私が持っていたアイデアです。

上と下だけにしたい場合は、ST_Extrudeはやり過ぎです。 ST_Force3D(ST_Translate(..)の組み合わせを使用できます

SFCGALの人たち(オスランディア)もセシウムを使っているので、この部門で彼らの製品をチェックしたいかもしれません。

多面体サーフェスとTINSの3DレンダリングにX3Dを使用していますが、Cesiumにそのマッピングがあるかどうかはわかりません。

複数のGeoserverに共通のGeoWebCacheを使用するにはどうすればよいですか?

異なるシステムに複数のGeoserver(5)があり、1つは同じポートで別のジオサーバーにバックアップされ、同じレイヤーが公開されています。私はすべてのGeoserverがGeowebcacheと統合されていることを知っています。ここで、すべてのシステムで個々のGeoWebCacheをオフにし、任意のシステムのすべてのジオサーバーに新しいGeoWebCacheをインストールしたいと思います。

はい、複数のGeoServerインスタンスからマップレイヤーをキャッシュする1つのGeoWebCacheインストールを使用できます。 http://geowebcache.org/docs/1.5.1/introduction/whichgwc.htmlのドキュメントを読んだと思いますか?

スタンドアロンバージョンを使用する場合は、すべてのレイヤーを手動で定義する必要がありますが、統合バージョンでは、定義されたすべてのレイヤーがGeoServerから自動的に取得されます。レイヤーを定義するには、ファイルgeowebcache.xmlを見つけて、レイヤーごとに新しいエントリを追加します。これが私のGeoWebCacheのカスタムレイヤーからの例です:

この場合、カスタムメイドのWebマップサーバーは同じホストで実行されますが、これはGeoServerと互換性のある標準のWebマップサーバーであればどれでもかまいません。すべてのオプションの説明については、ドキュメントも参照してください:http://geowebcache.org/docs/1.5.1/configuration/layers/index.html

ArcGIS Desktopを使用して、セル/エリア間の傾斜角の変化を計算しますか?

ArcGISを使用して侵食の推定を行っています。これにはUniversalSoilLossEquation(USLE)を使用します。

ここで、この方程式のLファクターを計算したいと思います。これにはFlowLengthが必要です。私の問題はここから始まります:DEMの勾配を計算しました-> Slope_DEM次に、次のことを実行します。セル間の勾配角度の変化を計算し、変化が30%を超える場合は「NoData」を作成します。例:1つのセルの傾斜角度が50&#176で、次のセルの傾斜角度が25&#176の場合、傾斜角度の変化が30%を超える(ここでは50%)ため、NoDataを作成します。この後、流量がリセットされます

これをArcGISでどのように実現できますか?

これが私が非常にうまくやりたいことを説明している文献で見つけたものです:


「この特定の問題は、ユーザー入力値であるカットオフ勾配角度によって対処されます。カットオフ勾配角度は、流れ方向に沿った1つのセルから次のセルへの勾配角度の変化として定義されます。この値の範囲はすべて0から1です。傾斜角がセルごとに減少する領域(傾斜角が増加すると、確実に堆積は発生しません)。したがって、ユーザー入力値は0〜#8211 1の範囲になり、運ばれる堆積物の量に依存します。たとえば、入力値が0の場合、傾斜角が減少するたびに傾斜長がリセットされます。入力値が1の場合、傾斜長はリセットされません。理想的な世界では、この値はリセットされません。問題の特定の領域に精通している専門家によって設定されますが、これが常に実行可能であるとは限りません。文献(Griffin、et al。、1988 Wilson、1986)は、値が0.5に近い(勾配が50%減少する、またはより大きい)が適切です。



シラバス2017年春

次のシラバスは、2017年春に提供されるGEOG 585(最終更新日:2017年2月13日)に適用されます。

GEOG 585:Webマッピングを開きます。

OGC標準とオープンソースソフトウェアを使用したWebマッピングアプリケーションの設計、開発、および実装。
前提条件:GEOG 485GISプログラミングと自動化

インストラクター

JanOliverWallgrün博士: インストラクター、ジョンA.ダットンe-教育研究所、地球鉱物科学大学は、GEOG585の主任インストラクターです。

  • コースメール:登録済みの学生は、Canvasの電子メールを使用して私に連絡してください。
  • 個人的なメール:入学希望者などは[email protected]までご連絡ください。 Canvasがダウンしている場合は、この電子メールアドレスも自由に使用してください。
  • 可用性: 私は毎週電子メールをチェックし(事前に特に明記されていない限り)、予約制でライブチャットを利用できます。

コース概要

Geography 585:Open Web Mappingは、無料のオープンソースソフトウェア(FOSS)とオープン仕様を使用して、インターネット上で地理情報を共有する体験を提供する10週間のオンラインコースです。これは、地理情報システムのマスターを含む、ペンシルバニア州立大学のオンライン地理空間教育プログラムの選択科目です。

Geog 585の2つの主な目的は、Webサービスの重要性を理解し、FOSSとオープンスタンダードを使用してWebマップを作成する経験を積むことです。プロプライエタリソフトウェアを使用してWebサービスを実装することもできますが、プロプライエタリGISサーバーパッケージのコストにより、FOSSは基本的なWebマッピングタスクの魅力的な研究分野になっています。

Geog 585の目的は、プロプライエタリソフトウェアを介してFOSSを宣伝することではなく、その逆も同様です(インターネット上で、このテーマについて議論している資料をたくさん見つけることができます)。独自のWebマッピングタスクでFOSSを使用する方法について情報に基づいた決定を下すことができることを指摘します。

Geog 585で公開されるFOSSおよびオープンデータソースのセットには、QGIS、GDAL、GeoServer、GeoWebCache、TileMill、OpenStreetMap、およびOpenLayersが含まれます。また、GeoJSON、KML、OGCWebサービス仕様などのオープンデータ標準についても学習します。

前提条件

このコースでは、JavaScriptとOpenLayersAPIを使用してプログラミングを行う必要があります。 OpenLayersについてはまだ何も知っている必要はありませんが、次のことを知っている必要があります。

  • 変数、ループ、決定構造、エラー処理、オブジェクトなどの基本的な構造を識別して使用するのに慣れている、コンピュータープログラムまたはスクリプトの作成に関する十分な正式な経験。 A B Geog 485のグレード以上は、この前提条件を満たしています。例外には同等のプログラミング経験が必要です そして インストラクターの承認。
  • JavaScriptの十分な経験があるため、JavaScriptコードの一部で上記の構成要素を確認すると、これらの構成要素を簡単に識別できます。 A B Geog 863のグレード以上はこの前提条件を満たしています。または、W3SchoolsJavaScriptチュートリアルを使用して独自の準備を行うことができます。
  • ヘッド、本文、スクリプトタグなど、ページマークアップの基本要素を簡単に表示および解釈できる、HTMLおよびCSSに関する十分な経験。 Geog 863はこの前提条件を満たしています。または、W3SchoolsHTMLチュートリアルを使用して独自の準備を行うことができます。

必要なコース資料

このコースに必要な教科書はありません。さまざまなオンラインリーディングを完了する必要があります。

このコース中に常に利用できるインターネット接続がない場合は、開始する前にインストラクターに連絡してください。

課題と採点

Geog585には9つのレッスンがあります。それぞれの長さは1週間です。コースの第10週は、タームプロジェクトに取り組むために予約されています(以下でさらに説明します)。ほとんどの週に、次のように表示されます。

  • 概念的なレッスン資料
  • 新しいソフトウェアまたは機能を段階的に説明するウォークスルー
  • 通常、ウォークスルーで学んだことを適用することを期待する課題。一部の割り当てには複数の部分があり、一部の週の割り当ては他の割り当てよりも価値があることに注意してください。

Geog 585のウォークスルーと割り当ては、完了するのにかなりの時間のコミットメントを必要とし、多くの場合、新しいソフトウェアのインストールまたは使用を伴います。週の初めにレッスンの作業を開始して、高品質の成果物を時間どおりに完了し、途中で必要になる可能性のあるトラブルシューティングを行えるようにしてください。

クイズ

クイズはコース全体で実施され、資料に関する知識と、提示された概念について独立して考え、推論する能力をテストします。

タームプロジェクト

コースでは、レッスンを通じて習得したスキルを統合するタームプロジェクトに取り組みます。毎週の課題の多くは、タームプロジェクトの構築に直接関連しています。つまり、毎週の課題でタームプロジェクトのデータを使用でき、毎週の課題の成果物の一部がタームプロジェクトの成果物に表示される場合があります。コースの最終週は、タームプロジェクトのフルタイムの仕事のために取っておかれます。

グレーディング

成果物は、グレードを取得するために次の方法で重み付けされます。

レターの成績は、次のパーセンテージに基づいています。

文字の成績とパーセンテージ
A 90-100%
A- 87.5-89.9%
B + 85-87.4%
B 80-84.9%
B- 77.5-79.9%
C + 75-77.4%
C 70-74.9%
D 60-69.9%
F &lt60%
バツ 物足りない(学生は参加しなかった)

パーセンテージとは、上記の重みが適用された後に学生が獲得できるすべての可能なポイントの割合を指します。

遅い仕事
Canvasのコースカレンダーの期日までに提出されなかった課題は、課題の採点時にインストラクターが他の控除を行う前に、10%の成績控除が発生するものとします。追加の10%は、追加の1週間遅れるごとに差し引かれます。インストラクターは、例外的な状況(深刻な健康問題など)の下で、これらのペナルティを変更または免除することを選択できます。

GEOG585コーススケジュール

毎週の課題(1〜9週目)とクイズ(3、6、9週目)は、常に各週の終わりに、現地のタイムゾーンで23:59hにWednesdayによって締め切られます。 In addition, a brief term project proposal document needs to be submitted at the end of week 2. In week 10, a video demonstrating your term project needs to be submitted by the end of Sunday the remaining term project deliverables (report and reviews of two other students' video) are due by the end of Wednesday (last day of class).


GeoServer 2.9.2 Released

The GeoServer team is pleased to announce the release of GeoServer 2.9.2. Download bundles are provided (bin, war, dmg and exe) along with documentation and extensions.

This is a stable release of GeoServer suitable for production systems. This release is made in conjunction with GeoTools 15.2 and GeoWebCache 1.9.2. We extend our thanks to all contributors for making this release possible.

Highlights of this release include:

The macOS DMG is now signed by the Open Source Geospatial Foundation. This work done by Larry Shaffer and the system admin committee improves the Mac install experience. For macOS 10.12 Apple has asked that all applications to be from the App Store (sigh) or signed by identified developers. Using the OSGeo certificate to sign our application

Style icons can now be referenced by URL in both the global styles folder and workspace styles folders.

WMTS improved with both a web admin page and “virtual service” support providing a WMTS for each workspace.

The INSPIRE extension now supports WMTS capabilities document. Upon installation of the INSPIRE extension the INSPIRE WMTS grid is now available.

Embedded GeoWebCache now supports mbtiles based tile storage.

Improvements to image mosaic documentation with more examples.

Support for “JPEG or PNG “output format, dynamically choosing the best format based on image transparency

Lots of bug fixes (check the release notes for details)


Sponsors

OSGeo
LISAsoft
UCD ICE
NTUA
DebianGIS OSDM
okeanos

And we'd also like to acknowledge the contributions of sponsors and supporting organisations: The OSGeo Foundation, LISAsoft, the Information Center for the Environment at the University of California, the Remote Sensing Laboratory at the National Technical University of Athens, the DebianGIS and UbuntuGIS projects, and the Australian government's Office of Spatial Data Management.


ビデオを見る: How to create map with GeoServer Open Layer and WMS. WFS?